§協会の動き(平成 30 年9月分)


 災害復旧対策講習会を開催

[事故防止対策委員会事業]

 平成30年9月6日、建産連研修センターで災害復旧対策講習会を開催し、多発する自然災害 の発生に備える知識を共有しました。
 開催にあたり岡村会長は、講習会当日発生した北海道胆振東部自身の被災者へのお見舞いの言 葉を述べた後「当協会では13年前に、県と災害時における応急・復旧対策に関する協定を締結 し、これに基づき非常時の体制づくりに取り組んでいるところです。 是非と も 今日の講習会の内 容を災害発生時の対応の参考としてください」 とあいさつしました。

 T部 『埼玉県の災害対策について』
          埼玉県危機管理防災部 消防防災課 災害対策担当 萩野 修主幹
 U部 『災害時の取り組みについて −陸上自衛隊における大災害への対応−』
          陸上自衛隊大宮駐屯地 第 32 普通科連隊
                     第 4 中隊運用訓練幹部 斎藤 稔博一等陸尉
 V部 『熊本地震災害復旧支援・視察会について』
          (一社)埼玉県電業協会 事故防止対策委員長 積田 優
    



 第 3 回企業対策セミナーを開催

[企業対策委員会事業]

 平成30年9月18日建産連研修センターにおいて第 3 回企業対策セミナーを開催いたしま した。 平成30年10月より『建設キャリアアップシステム』が運用開始されるにあたり、登録・ 申請方法と、このシステムを利用した政策展開等の説明を、参加した会員企業代表者や担当者3 2名が受けました。

講 演 『建設キャリアアップシステムについて』
     一般財団法人建設業振興基金
     建設キャリアアップシステム事業推進センター
      運営管理課兼業務管理課 課長代理 鮫島 優氏

    




 平成30年度新入社員フォローアップ研修を開催

[人材育成委員会事業]

 9月26日、27日の2日間、会員企業へ入職3年以内の社員を対象とした、新入社員フォロ ーアップ研修を開催いたしました。初日はさいたま新都心のホテルブリランテ武蔵野でビジネス マナーを専門とする井島鈴子氏を講師に迎え、初心に立ち返り確実なキャリアアップを積むため の再教育を行いました。また、 2日目は馬喰町にある岩崎電気株式会社本社・ショールームを見 学。電気技術講習として各種ランプの特徴やLED照明などについて学び、計算ソフトによる照 明分布図作成演習などを体験しました。
 初日のあいさつで佐野雄一朗人材育成委員長は「教えることを専門と している先生に教わることがとてもプラスになります。 今日の先生の指 導を心に留めて、多くのことを身に付け、自分の仕事を理解したうえで 今後の社会生活に役立ててほしいと思います」と有意義な研修となるよ うエールを送りました。
 井島氏は開始にあたり「春の研修から半年経ちましたが習ったことを実行していますか」と参 加者に言葉を投げかけ、「その時々で環境に合わせることが大事です。皆さんが社会人として過 ごす 30 年後のことまでお伝えしますが、柔軟に今どこのラインでものを 言えばいいのか、自分で考えながら仕事をしてほしいと思います」と話し 講義に入りました。
 まずは新入社員研修時のおさらいから始め、自分を育てるためのPDC Aを再度徹底して叩き込みました。入社からの自分を振り返り、プロ意識 の形成、生産的な会話の習得、顧客満足の追求な どについて学び、職場で必要となるコミュニケーションの基本を再確認 した後、職業人の言葉遣い、ビジネス文書作成、クレーム電話への対応 などの指導を受け、その上でロールプレイングを行いました。
 2日目は日本橋馬喰町の岩崎電気本社にバスで移動。本社ショールー ムに到着すると、国内営業部の山田智彦副本部長が「本日は光について 学んでいただき、皆さま方のお客さまへのご提案の1つになれば幸いです」と あいさつされまし た。
 講習ではLCSの佐伯智明所長が光の基礎・LED照明について説明。様々な光源やランプな ど照明器具の違いを体験したほか、各種ランプの照度、輝度、色温度など特徴を確認。LED照 明の発光方法とメリットなどについて学びました。
 引き続き展示スペースでLED製品の説明を受けた後、さいたま営業所の高松裕史主任の指導 の下、簡易照明計算ソフトによる照明分布図作成演習を行い、理想のサイン照明を導き出したほ か、コスト計算、提案書の作成などを行いました。
 2日間の研修を終え佐野委員長は「電気工事の分野で各会員企業が成長し幅を広げていくため の原動力は皆さんです。フォローアップとして今の自分の立ち位置を再確認してもらい、新たな 成長に向けて取り組んでください」と結びました。
 なお、閉会式で2日間の受講者に修了証が授与されました。